FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1094位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
63位
アクセスランキングを見る>>


【新刊予告】おおかみ書房 第7弾 崇山祟『完全版・恐怖の口が目女』、6/30発売!!

2018/04/16 21:30|カテゴリなしTB:0CM:0
ということで!




おおかみ書房としては今年は『オガツカヅオ短編集』(多分7月中旬)と白取千夏雄『全身編集者』の2冊を頑張ります! 
と言ってたんですが、策士なので「たまには予告なしで唐突に一冊やってしまうか!」と、水面下で色々殺意を高めていました。








劇画狼のエクストリームマンガ学園に突如登場して反響を得た『童貞兵器』の崇山祟がインターネットの片隅で紡いだ8章に渡る長編作品。
ホラーマンガマニアの間で傑作と評される作品をデジタルリマスター&カラーページ追加で完全版として刊行!






おおかみ書房 第7弾、
口が目cover_02
『恐怖の口が目女』、リイド社コラボで6月30日発売!!



こんなマンガです! というのを紹介しようと思ったけど、性格が悪いので
初っ端の第一章と!
クライマックス直前の第7章だけが試し読みできるようになっております! 
何がどうなってこんなハードな展開になった!!








そして今回も当然、おおかみ書房×リイドカフェコミックスの「余計なところに力を入れる」作り込みで、

キャプチャ
なんと作中に2色カラーを多用! 4色カラーページも充実!
巻末には崇山祟×天久聖一の対談と、おまけマンガもあり!


おおかみ書房とリイドカフェに遊ばせてくれる限り、「面白いのになぜ紙の本にならないんだろう」は世界から一つづつ消えていきます。
ってことで出たらよろしくお願いします。


追加情報はこのブログとツイッターで。





……あとついでに言っておくと、先日ぶち上げた『山口貴由「超」初期作品復刻計画』の続行についても、この本の売り上げは大きく関係します。
俺の名前で出た本でリイド社に利益を出して、「おおかみ書房にもっと遊ばせろ」という声を引き出してください。



というのは置いといて、普通に誰が読んでも面白いマンガを「作り込んだ」ので、皆さんよろしくお願いします。






おおかみ書房、山口貴由「超」初期作品復刻計画、始動! 4/14にデビュー作『NO TOUCH』無料公開開始!

2018/04/08 21:12|カテゴリなしTB:0CM:3
ということで!

大変お待たせいたしました!
昨年11月頃から水面下でひそかに進めていた動き、情報解禁!




『衛府の七忍』が最高に面白すぎる山口貴由先生の、『サイバー桃太郎』以前の劇画村塾時代の貴重すぎる「超」初期作品、WEB復刻決定!
リイドカフェ・エクストリームマンガ学園にて、
4/14にデビュー作『NO TOUCH』、
4/28にその後編『NO TOUCH2 -そして次の朝を待つ-』公開!

yamaguchi02 - コピー
山口貴由のルーツに迫る、「山口貴由×劇画狼」インタビューも併せて収録! 付加価値がすごい! 


NO TOUCH - 『COMIC劇画村塾』(1986年)
LORDLESS FENCERS - 『COMIC劇画村塾』(1986年 - 1987年)
陀羅尼クン - 『COMIC劇画村塾』(1987年)、原作:小池一夫
THE SMASHERS - 『COMIC劇画村塾』(1987年)
バーミン - 『COMIC劇画村塾』(1987年)
そして次の朝を待つ - 『COMIC劇画村塾』(1988年)
高校生 異種格闘技戦 - 『COMIC劇画村塾』(1988年)
吉田事件 - 『COMIC劇画村塾』(1988年)
螺旋状の秘密 - 『COMIC劇画村塾』(1988年)
(↑ウィキペディアより)
って感じで、これら、おおかみ書房がやれるところまでやっていいことになりました。


ここまでの道のりが、笑えるくらいハードだったので軽く経緯を書いておきます。
「山口先生の初期作品、本当に誰も読んだことがないのでは。そういやリイド社でも単行本出してたよな」、と思ってリイド社に連絡先を教えてもらったのが昨年9月。
作品を読んで「行ける」という確証が得られるまでは、それ以上リイド社の力を借りる訳にもいかないので、とりあえず「リイド社外部編集」としてではなく、おおかみ書房単独で行動。
企画の意図を説明して11月に初めてお会いし、なんやかんやうまくいって(みんなが聞きたいところは省略)原稿をお預かりしたが、
写植の糊が劣化して封筒の中でバラバラになっており、元々書いてあった鉛筆書きのセリフも完全に消えていて内容確認すらままならない。

そういうとき、どうするか知っているか。


俺は知っている。
1_201804082100518bd.jpg
2_201804082100534d2.jpg
こうすればいいということを。

あ
封筒の中に散らばった写植を「糊の跡が同じところを探してペーパーセメントで貼り直す、という無限の作業。
い
写植の下の鉛筆書きのネームも解読不可なので、同じ形の写植を探して貼り直す以外に「作品を読む方法がない」デジタル介入の余地なしの理不尽、最高に楽しい!



しかも場所によっては
aaa_20180408210718ab9.jpg
こんなことになってるので作業時間を予測するのも完全不可能!

お
コレとか悪意ありすぎやろ。


そんなこんなで計300ページ超、3ヶ月以上かかってしまいました。
写植直してからじゃないと始まらないので、この時点ではまだ「エクストリームマンガ学園の仕事」ではない。

うするに、ここまで完全無給。

でも、やるんだよ。ガロの人の弟子でよかった。




おお
みたいな話がありましたが皆さんは単純に楽しく読んでやってください。山口先生のデビュー作。絵柄もみんなが知ってる過去作品ともさらに全然違い、面白いと思います。俺の集中力が切れたところは結構写植が斜めになっていますが、そこは愛嬌、ということで。
※紙の単行本になる予定は現時点で全くありません。皆さんの応援次第です。

あと、これは「第一報」。来月以降、追加情報色々出していきますよ。
情報公開はこのブログとツイッターで。




【おおかみ書房からのお知らせ】 ガロ副編集長・白取千夏雄氏一周忌と今後の出版予定

2018/03/19 22:15|カテゴリなしTB:0CM:0
ご無沙汰してます。近況報告です。
とりあえず相変わらず、リイド社でマンガ紹介の連載をしつつ、1月末から大阪で画廊の運営を初めて人気が出たりしております。


さて、編集の師匠・白取千夏雄氏が亡くなって1年経ちました。
そのお知らせの記事で「元ガロ副編集長・白取千夏雄の半世紀(白取さんの目から見た90年代~00年代サブカルマンガ史&青林堂ガロ崩壊の真相)の本を出す」と言っていたのですが、ようやく本文が完成したので、あとは最終チェックと装丁デザインなどを残すくらいとなりました。



ということで、本来まだ「告知」出来る状況ではないんだけど、1年間遊んでいたと思われるのもアレなので現時点での情報をある程度解禁。




慢性白血病、自己破産、最愛の妻の急逝、まさかの悪性皮膚癌発症、繰り返す転移、度重なる手術。
外科・放射線・抗癌剤とあらゆる治療を受け、とうとう左の眼球も失うという凄まじい病苦と数々の困難の中、それでも生涯一編集者として「生きた理由」とは……
伝説の雑誌「ガロ」元副編集長が語り下ろした、半生記・半世紀。


白取千夏雄『全身編集者』 2018年7月頃発売予定。

第1章 「ガロ」との出会い
第2章 「ガロ」編集長
第3章 「ガロ」編集部へ
第4章 「ガロ」編集道
第5章 「ガロ」とバブル
第6章 「ガロ」長井会長・山中社長体制へ
第7章 「デジタルガロ」の真実
第8章 「ガロ」休刊の真相
第9章 「ガロ」クーデター事件後の苦難
第10章 白血病と余命宣告
第11章 やまだ紫との別れ
第12章 命が消える前に
第13章 「ガロ」編集魂
最終章 「ガロ」副編集長
あとがき・解説 山中潤(元青林堂社長・ガロ編集長)
カバーイラスト・挿絵 古屋兎丸

編集 劇画狼
(その他、編集協力者さんたちは現時点で名前出していいか聞いてないのでまた後日。ご協力ありがとうございます)

内容的には、「2016年春~夏にかけて総合マンガ誌キッチュ編集部とおおかみ書房が合同で録音したインタビューを元に著者・白取氏が大幅に加筆。そして著者の死後、不足部分をおおかみ書房が白取特急ブログ・過去のホームページデータを元に再構成したもの」といった感じになります。

いつも通り、販売はおおかみ書房通販サイトでの通販メイン。委託書店はまた追ってお知らせします。



一年前は気を張って「俺が何かを受け継ぐ」的な気持ちも少なからずありましたが、最近はもうゴールも見えてフワッとしているので、これはいい本になってしまいます。
今日のところはそんな感じで。また本が出たら買いまくってください。



白取流二代目・劇画狼






「このマンガがひどい!2018」のオマケと今年の予定。

2018/01/02 21:15|このマンガがひどい!TB:1CM:0
1_2018010220120108e.jpg
ということで皆さん今年もよろしくお願いします。



昨年末は「このマンガがひどい!2018」を読んでいただいてありがとうございました。
第一夜
第二夜


今年は日々の通常更新もある程度復活できそうだし、リイドカフェでのマンガ紹介も引き続き頑張っていこうと思っていた矢先…


公開日から数日過ぎた昨日1/1、「このマンガがひどい!のタイトルイラストに使ってください!」と、某編集部から一枚のイラストが届きました。



事前の連絡や打ち合わせなく!

公開日を過ぎてから送り付けてきて「使ってください」と無茶を言う!








なあ、
konohido2018reikaji (1)
梶本レイカ!


あんた、生きるの下手か。
「このマンガがひどい!」がどんな企画か分かっているのか。
3_201801022012030a6.jpg
スリコギ棒とか!


4_20180102201205dd4.jpg
占術棒とか!



s_5.jpg
硬直棒とか!



6_2018010220120892c.jpg
また硬直棒とか!



7_2018010220121088d.jpg
愛欲棒とか!



8_20180102201211cd2.jpg
折檻棒とか!



9_201801022012134c2.jpg
快楽棒とか!



10_20180102201214647.jpg
特急棒とか!



11_2018010220300421b.jpg
なんかもう一回同じこと言うのとか!



12_201801022030069e4.jpg
掟やぶりのロビンスペシャル返し的なやつとか!




13_20180102203007d53.jpg
拒否したらスゴスゴ帰る異形の仮面とかを並べる企画やぞ。

自分の作品が大切じゃないのか。
俺は貴方にこんなんになってほしくて応援してるんじゃないぞ。

…あと、イラスト協力してくれる作家さんに支えられて今がある企画だけど、
そんなに自由な場じゃないぞ。

まあそういう下手すぎる愛情表現をされると全力で受け止めるので問題ないですが、改めて皆さん、
s_key.png
梶本レイカ『悪魔を憐れむ歌』、ここで試し読みして単行本を買ってください。

間違いなく2018年トップクラスに盛り上がるサスペンスです。


「実力」を知りたい方は、
481491028_1.jpg
まず『コオリオニ』を読んでみるのもいいと思います。「命を削って描く」という安っぽい言葉が、ああ本当にある事なんだと強制的に理解させられるマンガです。
俺のことなんてどうだっていい。梶本レイカをよろしくお願いします。
(※注 梶本先生とは個人的な交流は一切ありません。今回もマジでバンチ編集部から急に伝言と一緒に画像が転送されてきました)


以下、ちょっと最近大変だという話。
ここ数年で爆発的に「正義の人」が増えたので、「めちゃくちゃなものを笑う」ことが許されなくなってきている流れを非常に強く感じます。
そのめちゃくちゃな「作中の現象」を娯楽として楽しんでいるだけでも「肯定し、支持する奴だ」と勘違いして攻撃するタイプのやつ。
例えば先週の記事でも、エロ劇画では未だに
6rk6.jpg
チンポ突っ込んだらレズが直る! とか、


15_20180102203010563.jpg
16_20180102203012fe1.jpg
圧倒的男尊女卑! とかあって、俺は「こんなメチャクチャなものが今なお残っていること」自体が非常に面白い現象だなと思って好きなんですが、これを笑いの形にして紹介すると「茶化すな」と怒る人が出る時代になったと感じたので本編からは外しました。
好きなことをノーガードで何の譲歩も見せずにぶっ放して潰れるのはアホの人のロック感なので、その辺上手くやっていこうかと思います。
今後もそれなりに狂った性を楽しくアレしていますが、「ちょっとフザケ方がずれているな」と思った方はコメントいただければそれなりに調整して生き残っていきたいのでご意見どんどんよろしくお願いします。


以下、今年の予定です。
今年上半期、サイコ工場に続いて
s_yfukfyuk.jpg
オガツカヅオ短編集を出します。
先に無料公開している『よふさぎさま』と『こくりまくり』ももちろん収録。その他、イラストに出てる包帯の男の話とマイクで歌っている女の話も、それ以上に面白いものだと思っているので出たら買ってください。


リイドカフェでのエクストリームマンガ学園では、2月~3月ごろに、めちゃくちゃすごい作品を紹介できると思います。
tyj.jpg
マンガ好きなら誰もが知ってるあの人の、ほぼ100%誰も読んだことがない作品の原稿が今俺の家に複数あり、劣化してボロボロにはがれた写植を延々と直しているところです。

おおかみ書房の本としては、うちの師匠の本、白取千夏雄『ガロ編集者半生記』を、なんとか春頃目標で発売予定。
本文がまとまりつつあるので、あとはカバーアートとか載せる写真の整理とか、そのあたりの調整をすればどうにかなります。
アラフォー以上のマンガ好きの人には「97年ガロクーデター事件」を一番記録していた男の証言。若い世代には「そもそもガロ系ってなんなの? よし、実際にど真ん中にいた俺が名物エピソードを交えて解説してあげよう」の本。劇画狼ファンには「俺を作った人の半生記」として読めるようになっています。内容的にある程度タブーに触れる形になりますが、単純にエンターテイメントとして読み切れる楽しい本にするので出たら買ってください。




19_201801022030134c6.jpg
コンビニコミックスに出てきた坂上忍の似顔絵がめちゃくちゃ悪意の塊だったのと、


20_2018010220301544c.jpg
顔射がすごいのと、


23_201801022030168f8.jpg
ヨダレがすごいのを今年の決意表明とします。(なってない)


「熟女くノ一専門エロ劇画雑誌」
21_20180102203018dc9.jpg
という気絶しそうなレベルのニッチが創刊されて、絶対創刊号だけで休刊だと思ってたら、
22_20180102210336e56.jpg
意外と続いているのを心の支えにしてやっていきますのでよろしくお願いします。





「このマンガがひどい!2018」第二夜! 万年発情根たちの膣悦久遠郷!

2017/12/30 20:00|このマンガがひどい!TB:0CM:2
0_20171230022143b87.jpg
本当になんなんだろうな!




ということで2日目。
昨日は久々に、自分が一切成長していないことを見せられた。が、スタートして9年。世の中がこういう性的に無茶なものに対して大滅殺を行う方向に向かっており、本当に昔ながらのノリでこういうことをやるのが難しくなってきたように感じる。我ながら「まだやってたのかよ」だ。 
俺もエロ劇画も今を刻んでいない、止まった時計かも知れない。




…だが、止まった時計も日に二度は正しい時間を指している。

それが今日だ!

unnamed_20171230181438915.jpg
このマンガがひどい!2018 第二夜!
出たぞ小林銅蟲
現時点で考えられる「エロとグルメの組み合わせ」で、最も悪意あるコラボが完成した!

講談社黙認の上で版権キャラが好き勝手するミル貝を見るがいい!!


という事で最初に銅蟲先生のマンガのひどさをアレしておくと、

t,ift7,irt7
uyyttt.jpg
これが「料理マンガ+数学」の『寿司 虚空編』で、


t,ift7,irt7
これが人類とロボットの最初の戦争を描きつつ食べ物を悪く食べる、
めしにしましょう』です。

どちらも「すごい」という言葉で褒める作品はどうかは分かりません。



さて2日目、まずはこちら。
ひどいマンガ業界にも、それなりに「時事に乗っかろう」と考えることがある。

だからと言って!
1_20171230022146706.jpg
漫画ローレンス1月号の読者コーナーの雑さはすごいし、




5_20171230022147280.jpg
吉浜さかり大先生は安定の「一文字だけ変えてよく分からないことになる」だし。
(VRゴーグルをつけて勘違いして近親相姦します。)



あと芸能界の闇関係の本での、
加藤紗里の似顔絵の悪意がすごい。

4_201712300221499f8.jpg
すごいのです。




すごいといえば、「ゲスト登場!」って言っといて
6_20171230022505279.jpg
出てくるのが故人の作品だというのもすごい。
「巻頭カラーが故人」とかよくある話!

エロ劇画を買った時はまずもくじを確認して、掲載作品中何人が「生きているか」を確認する。
それが最近の専らです。不必要な習慣!




二度と出会うことはないと思うけど、妙に印象に残ったおっさん達!
一人目はこのおっさん。
7_20171230022506f11.jpg
目の奇麗さが完全なるサイコ野郎だし、

8_201712300225080d9.jpg
射精の瞬間の笑顔がすごい。



そして、
9_201712300225099b1.jpg
村田やすゆき先生のおっさんの気持ち悪さは今年も安定の最下位!

10_201712300225115ea.jpg
下の特上、ご堪能あれ! ヘヘへッ!





毎年なるべく決めている「エロがらせる気が微塵もないタイトル」、今年はこれだ!
11_20171230022512caf.jpg
優勝、ガンガゼ!




さてここで、この日軽く触れた「単行本が出たマンガ」で好きなコマの話もしておこうかと思います。
まずはトーキョートライブWARUの、

43_20171230023426cc7.jpg
大阪府おなか吹田市がラインスタンプとしてすごく使い勝手が良かったというのがあるし、

『川沿いで未来からやってきたというネコに会ったけど、これといって特別感はなかった』の、
44_201712300234314d5.jpg
野生のフランケンが河童をぶち殺して丁寧に血抜きをしているシーンが「今年一番意味が分からないけど、読んでみたらそう描いてあるのだからしょうがないシーン」です。フランケンは死体に機械を埋め込んで新たな命を与えます。何を言ってるのか分からないかも知れませんがそのまま描いてあります。



あとは何と言ってもモンキー・チョップ作品が2冊も単行本になったこと。
wthw45ht4wh.jpg
こんな『ふたりエッチ外伝』はもうどうしようもないのですが、カイジの利根川のスピンオフ作品がバカ売れした事実もあるので来年はこれが1位になると思います。オリジナル作品も全く同じノリなので、

tuktu.jpg
みんな『浪速任侠道』を読みましょう。




さあ話は戻りますが、
今年一番目つきが悪かった人妻はこいつだ!

12_20171230022514611.jpg
すごい。純粋に性欲と反対方向の衝動が出る。



13_20171230022516665.jpg
なんなんだよ! これ平松伸二作品に出てくるシャブ中の顔と全く一緒じゃねえか!!



14_201712301838019fa.jpg
呼び覚ませ、己の中の野生!




そして一切の遠慮なく「レッテル」を絵にして一番笑ったのが
15_2017123002251867e.jpg
この家族です。 
かわいそう…



さて、いちばん怒ったのは古田一也のこの展開!
16_201712300238220c1.jpg
ウソですよじゃない。 子供がまねしたらどうす…しないから許す!
編集部も、「もう世間への悪影響とか、そういうのはいいでしょう」と思っているのがハッキリ分かる。
メイン読者層、だいたいもうすぐ死ぬ!




冨田茂作品に関しては、よく出てくる「作中の官能小説」がメチャクチャ怖い!
17_20171230023823762.jpg
いやだよ、寄生物とか怖いよ…


そしてそれに影響を受けて、セックス中に急に官能小説みたいにしゃべり始める少年!
18_20171230023824179.jpg
これは、おもしろいから今度使う!





などを経て、
19_201712300238265d6.jpg
この少年は全然分かっていないのに分かった気になる落ち着き方をしました。
アニマとアニムスの話でしょうか。謎が深まります(1秒も考えてない)





再録時の修正の話!
この業界は何度も何度も再録されて、その度に編集者のよく分からない手が加えられることが恒例ですが、
20_20171230023827e18.jpg
例えばこれが別雑誌に載る時に、

21_20171230023829b15.jpg
こうなったりするので呪われていますし、そもそもの絵が狂っている。
分かりやすく言いましょう。
気が狂っている!!!!





気が狂っているといえば、ここで「今年一番気が狂っていると思った展開」を見てやってください。
俺がよく言っている「ハッピーコミック」というジャンルの話です。


古田一也のリサイクルショップの話!!
22_20171230023830445.jpg
奥さんがリサイクルショップをオープンしました。
目玉商品が欲しいわ~



23_20171230023832cc4.jpg
大変! 試着中のお客様がジッパーに局部を挟んでエライことになっているしそれを堂々と見ていることは置いといて大変!



24_20171230023834a88.jpg
なんやかんやあってセーックス!!(かなり端折りました)



25_20171230023835595.jpg
あら大変! あのお客さん、売り物のジーンズをそのまま履いて帰っちゃったわ!
でも残していったものがヴィンテージ物だったからラッキー♪で終了! ハッピーコミック!

本当にこういうのがたくさん載っているので近所のコンビニで買いましょう。



あと古田先生は基本的に全部面白すぎるので出し過ぎないようにしているのですが、今年はこれが最高に好きでした。
26_20171230024815c8a.jpg
気付くん遅すぎやろ!
で。




ここまで、
27_20171230024816a32.jpg






さて、今年の最後はもちろんこの人。
28_20171230024818419.jpg
セニョール大悦、進化するルビ芸!


行きます! 恐ろしいタイミングでの時事ネタ、
29_201712300248196b3.jpg
若輩巨根(ライトセイバー)!!



そんなカテゴリー分けされたくないよ!
30_201712300248206dc.jpg
肛門征服者!!



節分もルビ芸で乗り切ろう!
31_20171230024822fe6.jpg
精子は膣内! 


そんなカテゴリー分けされたくないよ!
32_20171230024823ff9.jpg
息子〇姦母!(FC2ブログの禁止ワードに引っかかるため書けませんでした)



それは恩返しじゃない!
33_20171230024825018.jpg
恩を仇で返すっていうんだ!!



それも親孝行じゃない!
34_20171230024826546.jpg
生まれてきた、ただそれだけで親不孝!




35_2017123002482875a.jpg
もうここまでくると、一つ一つはそれほど狂ってないのに密度がエグすぎて何が正しいのか分からなくなってくる!



さあ、難易度上げていきますよ!
36_201712300251315ca.jpg
母膣撃拳戯! 読めねえ!!




37_20171230025133947.jpg
万年発情根! 読めねえ!!




38_2017123002513416c.jpg
勃起根陰裂圧挟! 読めねえ!!




39_20171230025136410.jpg
男根飢饉恥性器! 読めるはずがねえ!!




40_201712300251381f8.jpg
膣悦久遠郷! 読もうとする気すら起こらねえ!!



そして最後に例えの悪さが楽しすぎる、
41_20171230025139aa7.jpg
例えが悪い!!



とうことで今年はこんな感じでしょうか。
改めまして、タイトルイラストの小林銅蟲先生、ありがとうございました。

主に情報はツイッターで得られるのと、

42cae45ae892b7f4db09eebf6e99836d1d6b2c36.jpg
めしにしましょうの4巻がちょうど出たばかりなのでアレしてください。
ブログが参考になります。


あと、
1505.jpg
寿司に関してはここです
料理×数学がこのマンガで、マンガ×数学がキン肉マンです。


ということで今年はこれで終了なんですが、コンビニからこういう本が消えていく方向で世の中が最速でアレしてるので、笑い事ではなくいつまでできるか分かりませんし、個人的にはこの活動を続けているのは「役目を終えるところを見届ける為」なので、無くなったら無くなったで別のことをしますが、それはエロ劇画だけではないことなので、皆さんほっといたら無くなるものとの距離間を各自お願います。


最後に。
青山一海の〇〇棒が出てねーじゃん! という常連読者の方、
近日中に(超絶豪華で意味不明な)オマケの更新があります。
前向きな追加ではなく、どっちかというと俺も被害者なのですが、近日中に更新されますので、予定は主にツイッターで出します。


いいニュースかそうでないニュースなのかは分かりません。
とりあえず、

42_20171230025140bef.jpg
でお待ちください。
おおかみ書房の新刊の話も、近日中に。


カレンダー


03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
結納