FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
72位
アクセスランキングを見る>>


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元ガロ副編集長/現おおかみ書房編集顧問・白取千夏雄氏亡くなりました。

2017/03/18 22:36|カテゴリなしTB:0CM:0
かねてより白血病・癌闘病中であった元ガロ副編集長/現おおかみ書房編集顧問・白取千夏雄氏が、3月17日永眠したとの報を受けました。

生前にお世話になった方、闘病資金クラウドファンディングにご協力いただいた皆さん、見舞いに行くたびに感謝の言葉を伝えてくれと言われてましたので、改めまして、本人に変わり御礼申し上げます。
(追記 ご家族が遠方のため、葬儀などは集まった身内の方だけでお済みになったそうです)


昨年末に白取さん本人から「俺が死んだ時にポエムっぽいこと書いたら破門な!」と半分ネタ・半分本気言われているので、あまり多くをこの場で語ることはしませんが、今の自分があるのはこの人の弟子にしてもらえたからということだけは間違いありません。
興味ある方はここに大体書いてあります

壮絶な闘病でしたので、白取さんがゆっくり休んでもらえるよう、皆様ご冥福をお祈りいただければと思います。

僕の方は、白取さんのやりきれなかった事をやらなければならないので、引き続き次の本作りを頑張ります。
次の本は、元ガロ副編集長・白取千夏雄の半世紀(白取さんの目から見た90年代~00年代サブカルマンガ史&青林堂ガロ崩壊の真相)の本になります。
おおかみ書房をスタートする時に白取さんに「俺が長井(勝一)さんから教わった編集魂を叩き込んでやる」と言われたんですが、残念ながら頭が良くないので「長井イズム」は分かりませんでした。
が、「白取イズム」であれば、それは間違いなく今の自分の全てです。魂の存在とかそういうのはよく分かりませんが、これをやりきることが、それを継ぐということなんだなとは思います。

どこまでできるか自信はないですが、白取さんが「こういう時には『でも、やるんだよ』って言うんだよ」って言ってる気がするので、なんとかします。これが自分にできる最大の供養・恩返しになるかなとは思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 
報告まで。

3月18日 劇画狼


おおかみ書房/なめくじ長屋の人が選ぶ「2016年に面白かったマンガ30個くらい」。

2016/12/28 21:00|このマンガがひどい!TB:0CM:3
はい、ということで今年の「このマンガがひどい!」は完全にお休みです。
諸々やっておりまして、エロ劇画を全然読めませんでした。(読めてませんでしたが全部買ってはいるので、来年2年分まとめてやります)

が、まあ何もしないというのもなんなので、去年もやったように普通に面白かったマンガの紹介だけしておきます。



一応今年も宝島社の「このマンガがすごい!2017」
キャプチャ
に参加はさせていただいており、そこで個人的なベスト5は発表しておりますが、それをご覧になった方もそうでない方も今から紹介するマンガの中に一つでも大好きなものがあったら、「このマンガが好きな人は、ほかにこんなマンガを読んでいます」的な感覚で見てやってください。

※ランキングではないです。紹介順は適当。
1. マイナーどころを褒めるノリではないので、有名なやつも無名なやつもバラバラに並べてます。
2. 本家「このマンガがすごい!」の選考期間にざっくり合わせているので、昨年10月以降から先月くらいまでの分です。
3. 「面白いコマ」貼るといつもと同じ事になってしまうので、基本的には書影のみ。
4. 去年紹介した作品で今も連載しているものは、今日紹介していなくても引き続きオススメです。
5. 去年紹介していても、今年もう一回褒めたいものは、同じ言葉でもう一回紹介しています。 
基準はそんな感じ。リンク先は版元の作品ページを優先。ない時はamazonです。
アフィリエイトしてません。好きところで買ってください。



ということで今年はご存知のとおり、
0_20161228203456044.jpg
干支天使チアラットの応援にほぼ全てのイベント出演労力を注ぎ込みました。数年前、中川ホメオパシーの2人の話していた時に原作の的場先生が「どんな絵柄でも完コピできる作画・小林の技術は俺たちの最大の武器だけど、いつまでもカメレオンみたいなことしてちゃいけない。近いうちに必ず、小林の本来の絵柄にオレの原作をバッチリはめ込む作品を作る」と言っており、彼らは本当に今それをやっているので無敵だし泣きそうに嬉しいというのがあります。本当に最高。

ただ、何かの間違いで同時発売された
1_20161228203457725.jpg
「バトル少年カズヤ」は本当に最悪なので、中川ホメオパシーの2016年をまとめると「プラマイゼロ」です。 絶対に読むべき本が2冊出ています。本当に最悪。



その他、同じくリイド社・リイドカフェでは我らが桜壱バーゲン先生の
2_20161228203459431.jpg
「中年童貞」がおかしな事になっており、本当にずっとバーゲン先生を応援している人生に誇りも持てると思います。



さて、基本的にはハードボイルドなものが大好きなので、そのあたり毎号楽しみにしているものを並べてみると、
3_20161228203500668.jpg
「エリア51」は今年も熱かったですね。
神様・妖怪・UMAの能力と神話でのエピソードを完璧に伏線に混ぜ込んで理解の裏側のオチに着地させる超絶ハードボイルド作品です。とりあえず4巻の白雪姫の話とか読んでビビって欲しいですね。パズルかよ!って。


出た、「ノーガンズ・ライフ」
4_201612282035201eb.jpg
頭が拳銃になってる男がシケモク吸いながらスラム歩いて金にならない仕事に巻き込まれるだけでもうマンガとして完成してしまっているというものがあります。

この2作と「KEYMAN」を読んでおけばなんとなくの嗜好は押さえられるかと思いますが、そこに追撃をかける流れで発売されたのが
5_20161228203521c7e.jpg
「ヴァルガビンゴ」です。
ものすごく簡単に言うと、ヒーローアカデミアとかワンパンマンみたいに、ヒーローシステムが社会に組み込まれた世界の話を皮肉でドブ漬けにしたようなアレですね。



ハードすぎるといえば、「残響」
6_20161228203523d7a.jpg
も強いですね。絶対に登場人物誰ひとり幸せにならないのが分かっているので無敵。



「堕天作戦」
7_20161228203524c3b.jpg
湿っているけど乾いてパサパサな感じ、内容は似てないけどドロヘドロ好きな人とか相性いいかも知れん。
あと、単行本のカバーがピカピカなので、書影を撮影してSNSに上げようとすると高確率で自分の顔が写ります。性別偽っている人は注意。





以下、致死率の話になります。
「青猫について」、面白すぎる。
8_20161228203526091.jpg
個人的には2017年はこの漫画を中心に回るとすら思っており、マンガにソリッドさを求めるのであれば絶対に外してはいけないことになっています。戦後の焼け跡とセーラー服と日本刀アクションです。無敵。


「恋情デスペラード」
9_2016122820400359f.jpg
物語っていうのはここまで二次曲線的に盛り上がって行っていいものかと本当に呆れる。最初っから面白かったけど、回を増すごとにそんな速度で盛り上がって行っていいのか大丈夫かと。


「衛府の七忍」はマジパねえ。
10_201612282040050fa.jpg
説明不要の人気作ですが、去年言ったことをもう一回言っておくと、山口貴由先生が、昔のノリを今の画力で楽しみすぎて描いている、強くてニューゲームマンガ。時代設定をいい時期に設定したことで、覚悟のススメの名言「雑草などという草はない」って言葉にこれ以上ない説得力を持たせることに大成功ということです。こういうのが欲しかったんだよ!って素直に言うやつ!


スピンオフ枠としては今年も一択で「男塾外伝 伊達臣人」です。
11_201612282040069b1.jpg
とにかくあなたが今までに読んだどのマンガよりも太ももが太いです。太ももが太いマンガは例外なく面白いことは決まっており、期待を裏切ることはないはずです。



原作と作画の最強タッグ・「レイリ」
12_20161228204008506.jpg
これに関しては、おもしろすぎるのは当たり前として、2巻の巻末の室井先生のコメントが、「あ、こいつモテたくてやってるな」というのがストレートに伝わり、「ああ、何も変わっていない。この人は『秋津』の人だ」と嬉しくなる仕様になっているので、そういう意味で1・2巻を同時発売したのは大英断ですね。(よくわからない基準)



今年一番ムチャクチャな終わり方をしたのは「ヴィラネス」です。
13_2016122820400943e.jpg
「宮本武蔵とか関口柔心とか塚原卜伝とか歴代の剣豪が全て女体化して、誰が一番汚い手を使って勝つか?」という凶悪な設定で毎号楽しみにしておりましたが、「原作の小説に追いつくところまで書いたので連載を終了します」という潔さが効き、本当に終わりました。引き伸ばしとか過去回想とかそういう鎖から、求めているのとはちょっと違う解き放たれ方を見た!



このように、表紙で刃物を構えているマンガは大体たくさん人が死んで面白いというのがあります。この間、この法則に気づきました。(気づくのが遅い)
「表紙で(女が)刃物を振り回すマンガは命が軽い」です。あと、太ももが太いマンガは面白い。




さて、「ヴィラネス」以外にも色々と3巻で終わったマンガが楽しかったというのがあり、
14_20161228204024736.jpg
「終末の天気」です。
クソみたいににクズで小者の主人公が、最終的にまあまあハッピーエンドにしてもらえるという話。報いを受けないってこんなにも刺激的な感情を産むんだなと、改めて感じました。なんでちょっとハッピーエンドなんやと。



「オゲハ」も全3巻で、いい感じに消化しきらずモヤモヤしたものを残してくれたので個人的にはこの場で紹介しますが、本当に感情移入において好き嫌いがハッキリします。
15_20161228204026c6f.jpg
世界一雑な例えをすると、掘骨砕三×寄生獣前夜×エンブリヲ、です。



全3巻で終わったマンガ最高!と言いましたが、「正義の殺人鬼」は3巻が出る気配が無いです。
16_20161228204027325.jpg
これは本当に少年チャンピオン内での「チャンピオン枠」というもので、努力友情勝利ではなく、構成要素が「不安感と謎の焦燥感」で兎に角よく分からない感じに仕上がっており、サブタイトルでも「ビックリ頭蓋箱」とかものすごい不安感のある造語が出てきて痺れます。


そんなこんなで全3巻作品で正真正銘の最強は、
「百足」です。
17_201612282040294f3.jpg
主人公が100人の盗賊を殺していくだけの話なんですけどね。1巻で早速30人くらい殺した時に、「おいおいこのままやったら3巻で終わってまうやんけ」って思ったら、そのまま一切スピード落とさずに最後まで殺して3巻で終了しました。引き延ばしとかパワーインフレとか、少年マンガの抱える問題をこんな飛び越え方してくるのかと。ヴィラネスと百足の終わり方はかっこいい。正義の殺人鬼の終わり方は意味が分からない。全部無敵。



全3巻じゃないけどすごいスピードで最後まで行ってくれたのが、
「エンバンメイズ」
18_20161228204030568.jpg
先が読めないバトルが欲しかったら、そこは迷わずコレです。基本的にはダーツマンガなんですけど、トッププロ同士なので、普通にやってたら何万投やっても同じところに投げられるわけですよ、で、そこで、一投ごとに毒ガスが部屋に充満していくとか、針が飛び出してくる穴に手を突っ込まないと投げるダーツが取れないとか訳のわからん特別ルールが採用されて、もうダーツとは別の駆け引きが発生するわけです。雑に例えれば「ダーツを使ったカイジ」ですね。全6巻で綺麗にまとまるので本当にオススメです。




大団円的には、
19_201612282045031cd.jpg
「第七女子会彷徨」です。ホント、普段は極端なマンガの悪口みたいなことしか言わないですけどね。これは本当に良いSF。最終10巻でちょうど読みやすいし、読後の「主人公二人とここ数年一緒に過ごせてよかったな~」って感じが異常です。

つばな先生は基本的になんでも面白いので、今年出たやつだと
20_20161228204504741.jpg
「ホブゴブリン 魔女とふたり」もいいです。いいのです。




いつも汚い絵のマンガばかり紹介しているので勘違いされやすいですがかわいいマンガはとてもかわいくて良いので、そういう意味では
21_20161228204506083.jpg
「ターアフのズーアワ」が大推薦図書ということになります。いい大人がいい遊びを経ていい遊びのマンガを描いているということは、世界が正しいということです。


かわいいといえば
22_201612282045078cf.jpg
「橙は、半透明に二度寝する」が異常によくできた連作短編というのがあり、阿部先生も何を描いてもハズレがないので、こういうものが沢山読まれる正しい世界を作るために我々は書店に向かわねばなりません。




23_201612282045092f4.jpg
「あの子と遊んじゃいけません」を読むと、自分には本当に何もないのだと、少しでも面白いことを書いたり言ったりしようとしてた心が死に、身の丈にあった生き方をしようと思うので無敵です。何を考えて生きているのか。


んでSF枠としては、
26_20161228204534d01.jpg
「取水塔」と、

27_2016122820453619e.jpg
「キラリティ」も押さえておけば人生が輝きます。



僕がバイク好きなのでバイクマンガ枠からも上げておくと、
31_2016122820454050c.jpg
「グッバイエバーグリーン」が、東本昌平ほど固くもなく、ばくおん!ほどネタに振れてもいないバランスで最高ですね。バイク描くのめちゃくちゃうまい。フレームがしなってるのとサスが仕事してるのがすごく分かるいい絵。




しょうもない枠では2作、
28_20161228204537f14.jpg
「宇宙戦艦ティラミス」は必読。歳取ってくるとですね、難しい話を一から把握していくの大変で。そこいくとティラミスはいいですよ。ガンダムZZのギャグパートだけしかやってない感じですね。宇宙戦争とかがシリアスなの、なんつうかもうダサいじゃないですか。みんな身の丈を知ってマンガ読みましょうね。

もう一作、
29_20161228204539c22.jpg
ルノアール兄弟は「ゆで理論」の正統後継者であることをこの作品で証明したというのがありました。最高。




その他、まだ単行本になっていないけど毎回楽しみにしているのが、
37_20161228204929973.jpg
「バイオレンスアクション」。読めばわかるという言い方は好きではないけど、まあとにかくどうぞ。これと「青猫について」が同時にやっているやわらかスピリッツ、どこがやわらかいのか一切理解出来ない。



来年単行本化決まってるみたいですが、
main.png
「マザーグール」読もうぜ。今なら一気読み可能。あの「HOLYHOLY」の系譜の作品なんですが、女の子の口が限界までデカいのがいいですね。(個人の趣味)



秋田書店じゃないけどチャンピオンっぽい作品枠(そんな枠はない)としては、
35.png
「オニマダラ」がチャンピオンっぽくていいです。これも年内に単行本出ますが今なら一気読みできます。


あと、ファンタスティックワールドがフルカラーで3000円くらいとか強気の値段で勝負をかけて結果を出したので、これで味をしめたトーチ編集部がそのまま勢いで
33_201612282049341b0.jpg
「サザンと彗星の少女」をフルカラーで紙の本にしてくれるのを期待しているのと、


頼むから意思強ナツ子短編集を出してくれと思っていたら、
32_20161228204935220.jpg
ちょうど今日発表されたというのがあり、ホクホクしています。


リイド社のいい仕事の極めつけといえば、
マンガ表現のひとつのジャンルが完成する! 三条友美先生がフルCGで「家畜人ヤプー」をコミカライズし始めた!
36_20161228204953a1e.jpg
というのがありますこれは本当の本物にとんでもないことです。




ということで今年楽しんだマンガのまとめでしたが、現時点で大人気なものも今からというものもバラバラで並べました。
売上順に並べるランキングが全てかと言われたら絶対にそうではないと思うので、これからも「マンガに貴賎はない」と言い続けていこうと思います。ランキングなんか無意味だ。マンガに順番をつけるのはなるべくやめよう。


最後に1位の発表です!(記憶力皆無)
1位、
38_20161228204954abd.jpg
「コオリオニ」
ぶっちぎりの1位です。多くの方が語ってらっしゃるとは思いますが。僕もツイッター上では春からずっとこの作品の話ばかりですが、ホント上下巻でなんちゅうことしてくれるんやと。BLだからとかBLなのにとか、そんな枠どうでもよく、個人的に最高の劇画です。「発売後に作者が引退した→ファンの声に支えられて先月電撃復帰!」という一連の流れも心を打つものがありましたが、それさえ置いといて、まずは作品に触れてください。新連載も始まりました。1話から恐ろしいことになっていますね。


そして、自分の企画の宣伝にはなりますが、「来年の今頃に単行本になっててほしい本の可能性のため」にリイドカフェでマンガ紹介をしています。
詳細はこちら。

あと、同率1位はキン肉マンです。
39_201612282049568c7.jpg
キン肉マンが日本で一番面白い理由はありません。そう思うことが、遺伝子に刻まれているのです。




最後に、井河隆志先生のエロ劇画で、「インターネットで調べれば何でも分かるんだ!」というシーンで背景に描いていた文字を貼って終了します。

40_20161228204957257.jpg
ウィキペリア。
以上です。

更新再開準備

2016/12/12 01:45|カテゴリなしTB:0CM:0
エクストリームマンガ学園の下ごしらえやイベント出演などが完全に一段落したので、そろそろ本業であるエロ劇画更新に戻ります。
お待たせしました。

おおかみ書房、リイド社と提携し独断と偏見によるマンガWeb復刻企画「劇画狼のエクストリームマンガ学園」を開始!

2016/10/09 21:03|イベント情報TB:0CM:5
はい、新企画の情報を解禁します!

「単行本が売れてるマンガだけがマンガじゃねえぞ!」でやっているこのブログ、なめくじ長屋奇考録と、
「それでも誰も出さないのなら、俺が出す!」でやっている自主レーベル、おおかみ書房。

ここ数年、やりたいことはこの2つを使って大体やり、仕掛けた勝負に対して負けてないなと思っているのですが、
それでも、何でもかんでも好き勝手に書籍化できるってわけではなく、気持ちだけではどうしようもない事が大きく2つありました。



それが、「過去の名作の復刻」と、「短編集を作ることができない、『この作家さん、この読み切り1本だけしか知らないんだけど最高だな!』」ってやつです。

この2つを無双できる力が手に入らんもんかと考えていた結果、色々あり、











なめくじ長屋/おおかみ書房と、リイド社が提携することになりました。
エクストリームマンガ学園_大
劇画狼のエクストリームマンガ学園、10/15にリイドカフェにて公開開始!

一体何なんだという方に、企画の概要をものすごく簡単に説明します。
どこか一点でもエクストリーム(極端・極限)な魅力を持つマンガがあり、それを俺が面白いと思えば、なんでもかんでも片っ端からリイドカフェ内のこのコーナーで無料で読めるようにしてしまえ」、という悪夢のような「隔週ペースでのマンガ紹介の連載」です。 

現時点で趣旨に同意いただけた作家さん&権利確認できた作品もかなり集まってきてます。ここで全部紹介するのは面白くないので、何人かだけ紹介。(順不同)



まずは西野マルタ!
ウチのブログを長く読んでくださっている方には説明不要だと思いますが、あの「五大湖フルバースト」の西野先生です。
西野先生は五大湖フルバースト執筆後、ホラー作品も数本描いてらっしゃるんですが、その中から極上の相撲ホラー、

8_201610092032212da.jpg
「小銀杏譚」!
ちょっと待てよ相撲ホラーって何だよって方、「髪が薄くなって大銀杏を結えなくなった大関が、どんな病気でも治る河童の軟膏欲しさに、関ヶ原地下河童闘技場に、河童のコスプレをして出場する話」です。

9_201610092032228bc.jpg
ほら、もう読みたさしかないでしょ。
んでもちろんこの作品が話題になれば、次にやろうとしているのは何か分かりますよね?





さらに! マイナーマンガサルベージ業界において、今まで絡みそうで絡まなかった大西祥平さんと劇画狼がここでコラボ。


11_201610092032245a5.jpg
飯島市朗作品集「トルコ星座の男たち」から数本拝借し、





10_20161009203225189.jpg
あの「ゴリラとの結婚」をWeb復刻! みんながこの怪奇ドラマを無料で読める時代が来た!
その他どう考えても頭がおかしいとしか思えない話もどんどんぶち込む予定!
14_201610092043489f4.jpg




ラインナップは、インパクト重視の作品だけじゃないですよ。
あの超名作ホラー「りんたとさじ」のオガツカヅオ先生の短編も早めの時期に公開!
ASA37260.jpg

最近ホラー漫画が復活の兆しを見せてて非常に嬉しいですが、ブーム復活のための最大のキーマンの一人がこのオガツ先生だと、個人的には思っています。
オガツ先生の短編をホラー読者層じゃないところに見せつける機会ができました。本当に楽しみ。

※10/1の中川ホメオパシーサイン会に来てくれた方にはもう何人か追加で発表してますが、まあ秘密にしといてください。
序盤はホラー作品が多くなると思います。ホラー作品限定の企画ではないですが、「奇想」が爆発する超傑作の読み切りがゴロゴロ溢れているので、まずは優先させてください。基本的にいつもウチがスゲースゲーって言ってるホラー作家さん全員に対して、ノーアクションではないということです。








ということで劇画狼のエクストリームマンガ学園、10/15公開の第一回は、



15_201610092047165a2.jpg
90年代ホラー幻の大傑作「サイコ工場」!

作者が引退されて行方が分からないからずっと復刻されていなかったこの作品、作者の居場所を自力で見つけ出しましたので


16_201610092047170c0.jpg
セイギノミカタと

17_20161009204718cd8.jpg
TAXIの2本を公開します!



英語のことわざに「壊れた時計も日に2度は正しい時間を指している」という言葉があるんですが、現時点で動いていない作品・止まってしまった作品も、アプローチを変えてタイミングよくぶち当ててやれば正解が出せるはずだといつも思っています。
続けさせてもらえれば、みなさんの頭の中にある「子供の頃に読んだ、タイトルも作家名も分からないけど覚えているあの作品」も、いつか掘り当てられるかもしれません。やれる所までやらせてください。



以上、新企画の告知でした。皆さんよろしくお願いいたします。







▽続きを読む▽

新しいことをやります

2016/10/08 02:40|カテゴリなしTB:0CM:0
更新止まっててすみません、とは言いません。
明日10/10の夜、春頃から進めてきた新企画を発表します。
お待ちください。

カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
結納