FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
75位
アクセスランキングを見る>>


IKKIの「ピンホールくん」、ただそうすると毎回「一番怖いのは人間」」みたいなオチしか作れんぞ!?

2008/03/25 02:35|その他漫画ネタTB:0CM:1
妖怪。
あるいは物の怪 魑魅魍魎、怨霊など、

古来より草木鳥獣の精はもとより
うち捨てられた古器物や
恨み憎しみの凝り固まった
死霊・生霊の類、

さらには雪や風、音や光までもが
妖しく人々を脅かし続けてきた…

そして現在、古来より伝わる妖怪は、
文明の発達と共に段々とすみかを失い…

自然の摂理が排除された大都会においては、
人々の心の奥底へとそのすみかを変えているのである。

そんな折…
数え切れぬほどの人々が交差する電車に紛れ、
くる日もくる日も観察を続ける少年?がひとり…

その名も…
P1000255.jpg

ピンホールくん

21世紀型妖怪奇譚始動!!
プレ新連載!!巨弾読切!!

ってことで、IKKI5周年企画だとかナントカで、本日発売のIKKI5月号で、
画像 135

こんなのが始まってしまった。

なんかコレ、たしか水木プロオフィシャルでTシャツとかになってるやつやんな!?
あ~そ~漫画化したの。
画像 136

中身はガチガチの水木絵で。

というのも当たり前か、この「ピンホールくんプロジェクト」ってのは、水木プロが新しい漫画を製作するために描いたキャラクター「ピンホールくん」を新世紀の妖怪絵巻として後世に残していくプロジェクトらしい。

今回の第一話は、冴えないADの妄想から産まれた「視聴率妖怪・ギルガメッシュえじぴょん」だとか。

この妖怪に我らがピンホールくんはどう立ち向かうか!?

何もしません。
理由:ピンホールくんは、どこからともなく電車内に現れては、現代の妖怪にとりつかれた人間達をくる日もくる日も観察し続けている謎の少年だから。

ようは「おろち」「ミザリィ」みたいな狂言回しか。ただ、そうすると毎回「一番怖いのは人間」」みたいなオチしか作れんぞ!?ええのんか!?

今回はプレ新連載だとかで、本格開始は6/25発売の8月号からとか。

そういう売り方は止せ。
P1000171.jpg


カレンダー


02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
結納