FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
69位
アクセスランキングを見る>>


漫画ダイナマイト11月号!! 精力的な問題も、ここまで自信を持ってNO!(不能!でも可)と言えるとそれなりに形になってくるなあと思う。

2010/09/26 23:29|漫画ダイナマイトTB:0CM:4
もうすっかりこんな感じで
001_20100928000747.jpg
漫画ダイナマイト11月号について何かを書くことにやぶさかではない。


とはいっても今月号はなかなかに難しいものがあるので手抜きで。

002_20100928000747.jpg
紫れいか作品に関しては、絶頂時の喘ぎ声が絶対に「はくく~」なので、今後これを辛抱強く収集して、「面白いかどうかまだ決まっていない」ところから「面白い側」に引っ張り込みたいと思っている。

あとはもう、
003_20100928000747.jpg
精力的な問題も、ここまで自信を持ってNO!(不能!でも可)と言えるとそれなりに形になってくるなあ。

ならねえわ!!



最後にこれですわ。
005_20100928000747.jpg
砂肝みたいなのかどうかは適当にコメント欄にご報告お願いします。
砂肝みたいなのかどうか?そしてそれが面白いことなのかどうか。

げウ #-|2010/09/29(水) 23:00 [ 編集 ]
決着は、殴り合いできめましょう。
もにか #GT3i6Br6|2010/09/29(水) 22:40 [ 編集 ]
女としては、寿司屋で「赤貝」は頼みづらいので、この勝負は引き分けってことで。
げウR35 #-|2010/09/29(水) 01:01 [ 編集 ]
結論として、砂肝が食べづらくなったではないか。ぷんぷん。
もにか #GT3i6Br6|2010/09/28(火) 22:51 [ 編集 ]
砂肝…この場合「生」の砂肝ですね。焼いて塩味の砂肝は私も大好きです。生は知らん。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/tb.php/1607-77b8d702

カレンダー


08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
結納