FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
69位
アクセスランキングを見る>>


イマイチ克己の言ってる事がよく分からない。 いや兎に角なんか納得がいかん。

2008/07/17 22:26|肉刃牙星矢TB:0CM:2
さて、みんなの大好きな週刊少年チャンピオン「範馬刃牙」ですが、
イマイチ克己の言ってる事がよく分からない。

全身27ヶ所の関節を同時加速させて放つ克己の必殺技「マッハ突き」。
抜き手&重心移動により頭部の重量を乗っける事で完成したと思っていた克己&烈だが、郭海皇に「まだまだ改良の余地がある」と言われた克己がイメージした右腕のイメージがコレ。
画像 112
己の右腕の関節をここまで増やしたイメージ!!この関節を同時加速させて、真のマッハ突き完成かッ!?

いやちょっと待って!!なんかおかしくないか!?

親指→足首→膝→股関節→背骨、と、これらを同時加速させたら突きのスピードがアップするという理屈は分かる。
P1000429.jpg

打撃方向に対して、使ってる関節が垂直に向いてるから。当たり前の話。

ただ、今回の克己のイメージはどうか?
肩から先の関節をいくら多くイメージして、同時に回転させたとしても、打撃方向に対して回転させる関節の向きが平行なんやから…
P1000430.jpg
「ものすごいコークスクリューブロー」になるだけちゃうのん!?

まあコレで「紐切り」が使えたらすごいとは思う。
このままでは結局「鞭打」がスゴイってことになってしまいそうで怖い。

つた #-|2008/07/21(月) 15:48 [ 編集 ]
多分再来週あたりに爺さんが克己にその場で海王与えて帰るだけの気がしないでもない。
ブロッケンくん #-|2008/07/20(日) 02:23 [ 編集 ]
この疑問がそのまま通ったら「マッハコークスクリュー貫手」になりますね…

ってか、あの爺さんは単に「物凄い鞭打」をしただけのような気がするんですよ。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/tb.php/790-cced12fd

カレンダー


08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
結納