FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
66位
アクセスランキングを見る>>


唐突に「深夜食堂」にハマった嫁が絶対にやってはいけない事をしてしまった。

2008/07/31 23:58|雑記TB:0CM:3
唐突に「深夜食堂」にハマった嫁が、「孤独のグルメ」と同時読みという、絶対にやってはいけない事をしてしまった。
案の定、「第12話 東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ」の回で井之頭五郎が中国人バイトにキツく当たる店主にアームロックを決めるシーンに大激怒。
あ~あ、言わんこっちゃない。

範馬刃牙、末堂も生きていた!! それだけで充分。

克己の件、理論がどうだか分からんけど、「やっぱり鞭打が最強」的な風潮になりつつある昨今(嘘)、「結局野生動物を服従させるには鞭」って事になりそうではある。
来週からまたリアルシャドーが見られる。こんなに嬉しい事はない。

それはそれで、「なんでバキはいままで勇次郎を想定したリアルシャドーをしなかったのか」って事になるけど。
つた #-|2008/08/05(火) 02:05 [ 編集 ]
ゴローは無意識にマイノリティを小馬鹿にしてますからね。
「テーブルがペトペトする」とか。
ゴローが深夜食堂に、という奇跡が起きんものか。

カマキリシャドーの衝撃を超える事…、盆明けくらいに、バキが「シャドー隕石」を落としてシャドーティラノに勝利。
ジョナサンジョーンズ #-|2008/08/03(日) 21:29 [ 編集 ]
今回のシャドーはカマキリシャドーの衝撃を超える事は可能なのか!?
ブロッケンくん #-|2008/08/03(日) 00:35 [ 編集 ]
ちょっ!!深夜食堂は「ダラダラ読める空気漫画」でハマってるけど、孤独のグルメとは真逆やろうに…無茶するなぁ。

確かにあの腕固めは明らかにゴローが悪いけど、あのオヤジは深夜食堂のオヤジと違って性格悪そうやし…「喧嘩両成敗」じゃ駄目すかね?
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/tb.php/805-d396749e

カレンダー


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
結納