FC2ブログ

なめくじ長屋奇考録
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/  presented by 劇画狼@おおかみ書房 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

カウンター



プロフィール


劇画狼@おおかみ書房

Author:劇画狼@おおかみ書房
イベント出演・寄稿の依頼などございましたら
namekuji.horrorhouse☆gmail.com (☆→@)
までよろしくお願いします。
リンクもご自由にどうぞ。


カテゴリー



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



アクセスランキング


[ジャンルランキング]
アダルト
1415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
青年向けコミック
1位
アクセスランキングを見る>>


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なめくじ長屋版「このマンガがすごい!2009」!! うん、こすヨメ投票時には、もうちょっと考え直さんといかんのか!?

2008/12/21 01:17|カテゴリなしTB:0CM:6
はい、っちゅうことで発表します。

なめくじ長屋版「このマンガがすごい!2009」!!

残念ながら今年も本家と全くかぶらなかったので寂しく自分ランキングをつけるのです。
ちなみに副主催として参加中の『このマンガが凄いから読め!(仮称)γ版・2009』とは若干基準が違うので、「コスよめ」参加用には、今から発表するランキングの順位を若干入れ替えて投票する事になると思います。基準はアレです。 面白い<すごい<すごくしょうもない、で。


今年はベスト10発表前に、11~20位相当の次点10作品と、バカネタ裏ベスト10を発表したので、残った作品は案外マトモかな。
まあでも今年は悩みました。2008年・2007年版ともに「1位 任侠沈没 2位 シグルイ」だったので。

だからという訳ではないけれど、今年はちょっと変則的な発表で。
「基準」として、「金剛番長」をど真ん中の6位とします。
もう、マンガとしてはそりゃあ充分に面白かったんだけれども、「読んで楽しんだ」のか「オリジナル番長を考えて楽しんだ」のかイマイチよく分からない、でもすごいから。

ってことで第10位。
サタニスター5
「サタニスター」。
三家本 礼 (著)/月刊ホラーM連載終了/ ぶんか社コミックス全5巻
もうこれはね。ちょうど1年前は「2008年はコレを推すぞ」と息巻いていた矢先の「あの急展開」。
でも終わり方も含めて「素晴らしい三家本作品」だった事は間違いないので。

第9位。
忍者パパ
「忍者パパ」。
山本 康人 (著) /漫画アクション連載中/アクションコミックス既刊5巻
去年は4位に入れていたんですが、ムサシ登場後に若干ペースダウンか・・・?
でもまあ単行本3巻収録の「青少年への容赦ない体罰」描写は評価しないわけにはいかない。ただのオッサンがクソガキを半殺しにするだけで、漫画ってのはこんなに凄くなるのか、という。

第8位。
女犯坊
「女犯坊」。
坂本 六有 ふくしま 政美 (著) /漫画サンデー連載中(来週終了)/マンサンコミックス既刊1巻
昨年末に数十年ぶりに復活した伝説の作品が、何を勘違いしたのか奇跡的なしょうもなさ。
ネタの殆どが「笑っていいのか悟っていいのかよく分からない駄洒落。例・仏陀異(ぶったい) X 天女尊牝(あまぞめす)等。
正直こんなのを前作に引き続き「サブカルの聖典」扱いで崇め奉る読者はいないとは思うけど、そんなもの全く関係なく「すごい」からしょうがない。当て字忘れたけど「キメラ」の回も酷かったなあ。んで、来週終わるし・・・う~ん、面白かった。

第7位。
範馬刃牙
「範馬刃牙」。
板垣 恵介 (著) /少年チャンピオン連載中/少年チャンピオン・コミックス既刊16巻
残念ながら今年のバキはネタ抜きで面白すぎた。
全くもって「笑って読めるテンション」ではなかったというか。
個人的には「道場にいたのに、ドームにいなかった加籐」の存在が未だに気になっている。
正直このテンションを維持するには「どんどんキャラを使い潰しきっていく」しかないのだけれど。

そして第6位は言ったように「金剛番長」。
画像 151
鈴木 央 (著) /少年サンデー連載中/少年サンデーコミックス既刊4巻
ランクインの理由は上記の通り。
実は本日発表のベスト10作品の中で唯一「死ななくていいはずの人が死なない」健全な漫画でもある。
個人的には「全日本」「世界」なんて続かずに、23区計画を戦いきって来年いっぱいで駆け抜けてほしい。

第5位。
画像 152
「モンキーピープル」。
釋 英勝 (著) /ビジネスジャンプBJ魂(びーじゃんこん)連載中/ヤングジャンプコミックス既刊3巻
うん、自分でも何故コレを5位に入れたのかよく分からない。
どっちかというと、BJ魂の発売日がイマイチ把握できていないので、「忘れずに購入できた喜び」みたいなのとゴッチャになっている可能性も。
バイオホラー?サイコホラー!?薬学界の闇!?混沌としたテーマのなか、さらに「少年法の是非」を無理矢理投入する節操無さ・・・しかも登場人物が全員高島一家に似てる!?なんじゃそりゃ。すごいわ~。

第4位。
画像 155
「シグルイ」。
南條 範夫  山口 貴由 (著)/チャンピオンRED連載中/チャンピオンREDコミックス既刊11巻
こないだ雑記でチョロッと言ったように、夏頃から「全試合&武魂絵巻の年表を作成して、月岡・蝦蟇以外に登場する人物がいるか」を考えていたところ、やっぱりちょっと凄い事になりそうなことが分かった(いや、俺の予想やけど)ので。
毎年毎年「展開が遅い」とよく言われるけど、この漫画のテンポが良かったのって、連載開始時からまだ3回位しかないと思うぞ。
個人的にも「劇画代表作品」としてやはりついていかねば。

第3位。
画像 154
「ミスミソウ」。
押切 蓮介 (著)/月刊ホラーM連載中/ ぶんか社コミックス既刊2巻
ミスミソウに関しては、ホラーM発売時に毎回書いてるので多くはアレだけれども、10年そこそこホラーMという雑誌を買っている中で、明らかに異質。
作者先生には大変失礼な言い方になってしまうけれど、この作品を読んだ後に他の押切作品を読むと、「ギャグに逃げてる」とさえ思えてしまう。そのくらい「すごい」。
もちろんその「すごさ」には当然「ブー子のカスミソウ事件」も含まれる。ホラーM編集部が如何にホラーかを身をもって知った一件だった。
間違いなく2009年がクライマックス。今読まないで、いつ読むよ!?


第2位。
画像 153
「聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話」。
車田 正美 手代木 史織(著)/少年チャンピオン連載中/少年チャンピオン・コミックス既刊11巻
いや、これは理屈抜きで。
蠍は若干あっさりしていた分、「アツさ」的には去年の蟹の方が凄かった気もするけどね。
でもまあスピンオフ作品を描く別作者に対してここまで恐怖感を感じた事はなかった。
原作以上の興奮を車田リアル世代に与える、「今一番予想を裏切り、期待を裏切らない」作品。
もっといえば、女性マンガ家の作品を心の底から楽しんだ事自体初めて。
手代木、アンタどんだけ星矢好きやねん・・・。
何にせよ、「リンかけ2」を描き終えた大御所が、要らぬ介入をしないように祈るのみだと。


んで、第1位!!
画像 156
「世にも奇妙な漫☆画太郎」!!
漫☆画太郎 (著)/ビジネスジャンプ連載中/ヤングジャンプコミックス既刊5巻


いや、すいません。
とりあえずすいません。
今年、このランキングを発表するのに時間がかかってしまったのは、この作品を1位にするか最下位にするか迷いに迷ったからなんですが、やっぱりコレ1位で。
1位にした理由は特にありません。ここまで画太郎漫画としての完成度が高すぎると、もうアレでしょう・・・。ダメじゃないですか。

うん、こすヨメ投票時には、もうちょっと考え直さんといかんのか!?

で、その投票結果は「続き」にあります。



っちゅうことで、『こすヨメγ'09』用に、このベスト10を入れ替えました。
1位だった「世にも奇妙な漫画太郎」は、よく考えたら最下位でもよかったので最下位に。「シグルイ」も、今更「凄いから読め」って言わなくても大丈夫だから除外。その他、「凄いから読め」という順に。



5位
「モンキーピープル」。
4位。
「金剛番長」。
3位。
「聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話」。
2位。
「ミスミソウ」。


そして1位は、ベスト10ではランク外だった、
gagoze1.jpggagoze2.jpggagoze3.jpggagoze4.jpggagoze5.jpg
「ガゴゼ」。

アントンシク(著)/幻冬舎WEBコミック「幻蔵」連載中。
バーズコミックスより既刊4巻。

正直、これは凄い。子供の頃に見ていた「お兄ちゃんが読んでる、なんか分らないけど怖くて凄い漫画」そのもの。
練りこまれた世界観を小出しにされてやきもきする感覚が不安感・恐怖感とシンクロし過ぎ。たまらん。内容と絵柄も抜群に合ってるし。
絵が上手い。
話が上手い。
いつ続きが読めるか分からない。

何だか分らないけど、今一番「凄いから読んでほしい」漫画。

と思ったら12月24日発売の5巻で完結。なんのこっちゃ。
まあでも1位。

ロンドンオリンピックまであと1314日。
本日のおしっこの色 透明 しかもめっちゃ出た。
supreme 楽天 #EBUSheBA|2013/11/12(火) 20:26 [ 編集 ]
シュプリーム 初売り
ヒロ(『こすヨメ』主催者) #9/QuQgK2|2008/12/30(火) 02:02 [ 編集 ]
この度は『このマンガが凄いから読め(仮称)γ版2009』にご協力・ご投票頂き、誠にありがとうございました。
こちらの記事の、現時点のランキングを、投票として頂いて参ります。
〆切日前でしたら変更も受け付け致しますので、その様な事がございましたらば遠慮なくお申し付け下さい。

かなり"混迷"のランキングになるでしょうが、結果を楽しみにお待ち頂ければと思います。

『こすヨメ』主催・ヒロ拝


…という主文、以上。

副主として、宣伝特命係長として、お疲れ様でした。

今年は、昨年とは違った、また面白いランキングが出来そうですm(__)m
つた #-|2008/12/25(木) 22:08 [ 編集 ]
でも、既に順位をつけるとかどうとかいう段階じゃないんよなあ・・・
だから、本当にあの人の作品は、「スゴイ」けど「読め」じゃないというか。
読む人は勝手に読んでるし。

ってことで、1位でも最下位でもどっちでもいいのです。
無法UFO #-|2008/12/25(木) 08:55 [ 編集 ]
確かに最近の画太郎センセイって既に“画伯”だもんネ!
何て言うか漫画ってジャンルを通り越して
何か“特殊な芸術作品”になりつつあるよ!画太郎漫画!
特に“ギャル&イケメンの顔を切り貼りで原稿を作る技法”を完成させて以来、
最早“水を得た魚”の勢いで他の追随を許さないカンジ。
・・・いや、スゴイって意味でなら画伯は外せないゼ!
つた #-|2008/12/25(木) 02:23 [ 編集 ]
そうですね~
ちょっとしたグロが問題なければミスミソウはオススメだったりします。

ベスト10のほぼ全ての作品が、「男も女も勝手に裸になって、死ぬべき人も死ななくていい人も平等に死ぬ」というアレです。
円達磨 #OzsWmzus|2008/12/23(火) 23:56 [ 編集 ]
知らない漫画ばかりです。
レヴューを読んでいるとミスミソウが気になります。

いじめ漫画でホラーってすさまじそうですね。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/tb.php/954-de02cd75

カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Twitter


リンク



最近のコメント



最新記事



検索フォーム



QRコード


QR


 |  このマンガがひどい! | 漫画ローレンス | 漫画ローレンスR35・45 | 漫画ローレンスSP | 漫画ダイナマイト | 漫画プラザ | 熟女ものがたり | 人妻熟女ざかり | 実録三十路妻専科 | 実録四十路妻専科 | 実録五十路妻専科 | 本当にあったみだらな話 | その他エロ劇画 | 昔のエロ劇画 | エロ劇画(コンビニ本) | 実話系雑誌・コンビニ本 | レディコミ | ホラーM | アサヒ芸能 | TENGU | 三条友美 | 人妻人形・アイ | 人妻人形・アイ キャラクター大百科 | 美和剛 | 成田アキラ | 中川ホメオパシー | 桜壱バーゲン | サガノヘルマー | 六波羅芳一 | お願いサプリマン | ミナミの帝王の背景が怖いで~ | 肉刃牙星矢 | 平松伸二 | ゴッドサイダーサーガ | けものみち | ふくしま政美 | ビッグ錠 | テラフォーマーズ | 五大湖フルバースト | 蹴撃手マモル | バイオレンス特急 | 漫ぷくブロガーむさ氏 | その他漫画ネタ | 雑記 | イベント情報 | ロマンポルシェ。 | 親父越え | トランスフォーマー | カテゴリなし | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. なめくじ長屋奇考録
Powered by FC2ブログ.  template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
結納